うめ屋

公開日:2023/10/15 最終更新日:2024/01/16
うめ屋の画像

ちょっとピリッと感じる明太子は、お茶碗のごはんはもちろんですが、おにぎりやパスタにも相性抜群です。買い物すると、つい明太子を購入してしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、福岡県宗像市にあるうめ屋をご紹介します。うめ屋は、明太子で有名な福岡県の会社であり、通販にも対応しているのでチェックしておきましょう。

プロの目で選別されたタラコを丁寧に仕上げる

明太子は、非加熱で賞味期限が短い商品です。見た目だけでなく鮮度も重要なため、素材選びは重要な工程になります。明太子の素材であるたらこは、すけそうだらの卵巣です。このたらこを熟成の進み具合や大きさで選別し2本セットのたらこを完成させます。

ちなみに一腹とは、前述のとおり2本です。なぜ一腹が2本なのかというと、そもそもすけそうだらの卵巣は2本繋がっているからです。

選別はプロが担当

うめ屋のたらこ選別は、誰でも気軽に行えるわけではありません。長年、携わってきたたらこのプロ職人が一腹ずつ丁寧に厳しく選別します。もちろん、プロ職人が選別しているとはいえ、選別基準すべてを委ねていません。

しっかりとした選別基準を設け、一定した品質を叶えています。たとえば、たらこは北海で捕れたもののみを使用し、粒がはっきりとしている、きれいにまるまるとしているなどが基準のひとつです。このようにうめ屋は、明太子の味だけではなく、素材選びも見た目、鮮度、そして原産地にもこだわっている会社です。

味のこだわり

たらこが明太子として完成するためには、味付けする辛子調味料の存在が必要不可欠です。使用する辛子調味料は、うめ屋特製のものであり、厳しく選別したたらこを一腹ずつしっかり漬け込みます。なぜなら、大切な商品である明太子の味や色にムラが発生してはいけないからです。

購入する顧客は、安定した変わらぬ味を求めています。選別から漬け込みまでは、かなり手間のかかる作業です。しかし、うめ屋は手間がかかったとしても、すべての工程でこだわりを貫いています。

地元宗像の洗練された地下水を使用

うめ屋の明太子製造で使われる水は、宗像市の洗練された地下水です。もちろん、地下水はただ使用するだけではありません。水の硬度といった特徴をしっかり分析し、分析結果を最高の明太子づくりに役立てています。

水は明太子つくりに必要不可欠

明太子づくりに水は、欠かせない存在です。水は、もともとたらこに含まれている塩をたらこの外に出し、辛子調味料を浸透させる手助けをする存在です。とりあえず水に漬け込んだらいいというわけにはいきません。

この漬け込み作業は、明太子の味や色をつけるうえで重要な工程のため、水の特徴しだいで熟成時間が左右します。もし、水の特徴が分からない場合は、味を含めた品質の統一は難しいでしょう。

このように漬け込みは繊細な作業になります。したがって質の高い明太子を製造するには、水と塩の関係性や浸透圧などをしっかり把握しなければいけないのです。うめ屋は、明太子だけでなく、使用する水にも真剣に向き合っています。宗像の地下水があってこそ、おいしい明太子ができるということをしっかり理解している証です。

安全安心の管理体制

食品は、直接体内に入るため、誰でも安心安全なものを購入したいでしょう。とくに明太子は、ご飯のお供としては最高のパートナーです。朝食はもちろんのこと、さまざまな場面で活躍します。しかし、明太子は基本的に辛子調味料に漬け込んだだけの商品です。漬け込んだとはいえ、生の状態ですから安全安心は必須事項といえるでしょう。そこで、うめ屋の安全安心を支える管理体制をご紹介します。

HACCP認証済

うめ屋は、食品工場の多くが取得しているHACCPの認証を受けています。HACCPとは、原料の受入検査をはじめ、製造から出荷までを管理する手法です。基本的には食品関連企業の製造過程管理を目的としており、日本においては1998年にHACCP支援法が制定されました。

HACCPは、食品に特化した管理手法を用いて、菌の汚染や異物混入の危険性を事前に把握し、衛生面と安全性を高めます。

連続管理体制

HACCPによる分析結果は、すぐに製造工程へ反映します。もし、菌汚染や異物混入の危険性があると判断された工程については、つねに管理する連続管理体制を導入、重要な管理工程と定めてしっかり管理する徹底ぶりです。

食品に求められるのは、味や見た目だけではありません。安心して食べられる安全性も求められています。とくにうめ屋は、宗像市の本店のみ販売している会社ではありません。いくつかのネットショップを運営し、日本だけでなく世界にも発信しています。

どの国の方でも安心して食べられる明太子を作り続けることが、うめ屋の使命といえるでしょう。

まとめ

うめ屋は、宗像の地下水を上手に利用しながらおいしい明太子を製造している会社です。明太子を製造するときは、北海のたらこを一腹ずつ丁寧に選別して、自慢の辛子調味液にじっくり漬け込みます。

なぜなら、大量に製造するとはいえ、顧客にとっては大切な一腹だからです。うめ屋の明太子は、通販でも購入できます。毎日忙しくてスーパーにいけない、近くにうめ屋の明太子が販売していないというときは、通販を利用した購入も検討しましょう。

うめ屋の基本情報

会社名有限会社 うめ屋
住所〒811-4164 福岡県宗像市徳重545-6
電話番号0940-35-5272

うめ屋の口コミ・評判

美味しいです!(匿名)
上品で嫌味の無い味。 辛さは控えめですが変な臭みもありませんし水っぽさもありません、形も良いです。 品質が良いものだと思います。 早速明太子パスタにしていただきましたが大変満足な出来でした!!! 是非リピートしたいです
運営者コメント

この口コミからは、うめ屋の明太子のクオリティの高さに感激している様子がうかがえますね。味については、上品で嫌味がなく、臭みや水っぽさも感じず、形もいいとのこと。これは高い品質で提供するために、丁寧に製造されているということが想像できますね。 特に明太子パスタにすることで、そのおいしさを実感できたようですが、商品の使いやすさや料理との相性のよさにおいても、優秀な商品であるということがわかります。

安定感抜群!(Dera+)
安定した美味しさ! 他店では粒々感がなかったり水っぽかったりするのがなくて安心です。 母は少々高くてもここの明太子が良い!と言います。 ただここの明太子を買うと父の消費が早くて困るそうです(笑)
運営者コメント

この方のうめ屋の明太子への評価は、高価であることも納得するほどの味であることをうかがわせますね。特にお母さんの「ここの明太子が良い!」という評価から、品質に対する信頼が伝わります。 さらに、お父さんがあっという間に消費してしまうようで、一家でこの明太子にすっかりハマってしまったことがわかりますね。リピート購買は、こういったケースが典型例となっているため、こちらの商品にファンがいるという説得力が感じられます。

ナンバーワン!(cameo22056)
毎回この商品をリピートしています。 切れ子と言っても全く普通の明太子と同じで自宅で食べるのは全く問題ありません。 届くと冷凍して、1本、1本ずつ食べていますが1か月程度は味も変わりません。 以前、福岡にも住んでいて、大手の会社の明太子等いろいろ食べましたが、味付けも、とても自然でプリプリとした触感、特に炊き立てのご飯にはここの明太子が一番おいしいです!
運営者コメント

この口コミからは、うめ屋の明太子がリピートされるほどのファンがおり、その理由が明確に示されています。こちらの方が購入しているのは切れ子のようですが、通常の明太子と遜色なく味わえているようです。この評価からは、商品の使い勝手のよさや一般的な明太子としての満足度が高いことがうかがえるでしょう。 また福岡在住経験があって、大手の会社メーカーの明太子を試した経験があるにもかかわらず、うめ屋の明太子がもっともおいしいとのことで、品質の高さの真実味が、より伝わるのではないかと思われます。

 

\  こちらもおすすめ  /

迷った方はこちらの通販サイトがおすすめ

島本

島本の画像
島本は辛子明太子の素材として国産のスケトウダラを使用しています。常に良質の辛子明太子を提供するために、国産の素材にこだわり続けているのです。その素材の魅力に敬意を表して必要最低限の調味料だけを使っていて、無着色なのもこだわりが感じられるポイントです。40年以上、多くの人に愛されている逸品をぜひ堪能してみてください。

【おすすめ】明太子通販サイト一覧

イメージ
サイト名島本ふくややまや椒房庵福さ屋福太郎かねふく
特徴希少な国産原卵ならではの圧倒的な旨みと粒感!たらこ本来の味が活かされている!最先端の生産体制を確立!直営店による直販方式を守り続けている!味わい深い匠のたれに168時間漬け込んで熟成!もっともおいしく仕上がるように塩加減を指定!たれの吸い具合も加減!辛子明太子の極みを目指してすべての工程にこだわり続けている!ゆっくりと二度漬けして深いコクとうまみを生み出している!原卵の粒立ちが際立つはじける食感を実現!明太子メーカーで唯一認証規格SQFを取得!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ